16 試行印

記念切手に試行印 兵庫丹南 満月

 

全国の71箇所の郵便局で使われた郵便印。資料として、確認したい場合は、私が、参考にさせていただいている「ポストスタンプブログ」で試行印で検索してみるとよい。収集の難易度も書かれているので、大変役立っている。感謝。 
 櫛型印から、日付の上下(D・E欄)に半円形の枠を残したものになっている。
今回は、普通切手とは違いやや大きめの記念切手ということもあり、余裕で満月印となった。

 

兵庫丹南 試行印 s59.10.14 8-12 高山植物シリーズ シナノキンバイ60円

JUGEMテーマ:切手

  • 2017.08.20 Sunday
  • 18:34
http://stamp.happystudylife.com/?eid=15
17 インクジェット印

東京中央  インクジェット和欧文機械印 カワセミ80円

インクジェット印

 

 

インクジェット和欧文機械印は、切手に〜波の部分が多く印字されたものが多く、局名・年月日・ローマ字局名が読めるものが、少ないのでなかなか満月ドンピシャとはいきません。この切手は、東京中央郵便局 平成19年2月8日付のインクジェット和欧文機械印です。平成19年1月から使用されているので、結構初期に使用された例です。オンピースでないと年号が読み取れないところと、長波のタイプの初期の消印なのですが、その陰影がないことが欠点でしょうか。

 銀座局、渋谷局、さいたま新都心局、日本橋局、晴海局、丸の内局、東京中央局、四日市西局、大阪北局、博多北局、新仙台局、山口局があるそうですが、丸の内局と東京中央局は収集の難易度は高いようです。

東京中央 h19.2.8 インクジェット和欧文機械印 カワセミ80円

JUGEMテーマ:切手

  • 2017.08.19 Saturday
  • 14:27
http://stamp.happystudylife.com/?eid=14
13 櫛形印

初期使用(発行3カ月以内) 電子郵便

 

 電子郵便切手には、昭和59年10月1日に発行された スピード500円と、昭和60年8月1日に発行されたネットワーク500円の2種類しかありません。電子郵便切手は、電子郵便(レタックス)のための切手ではあるが、一般の郵便にも使用することができた。

 今回の電子郵便切手 スピード500円は、一般の郵便に使用された例である。

 秋田・神宮寺 櫛形印 s59.12.? 12-18 電子郵便切手スピード500円 

 

JUGEMテーマ:切手

  • 2017.08.18 Friday
  • 20:32
http://stamp.happystudylife.com/?eid=13
15 丸型和文印

D欄都道府県名入り 丸型和文印 日付7.7.7

D欄北海道 h7.7.7

 

 キロボックスから出てきたものの、作為的?皆さんはどうお考えでしょう。

 

 山鼻東屯田通 丸型和文印 D欄都道府県名(北海道)h7.7.7 12-18 シカ70円と金魚7円

 

  • 2017.08.17 Thursday
  • 21:41
http://stamp.happystudylife.com/?eid=12
14 ローラー印

広島中央 平成に入ってからの直線式和文ローラー印

JUGEMテーマ:切手

 

現在のローラー印は、斜線の仕切りとなっています。その前までは、写真のような直線式が使用されていました。収集のため、参考にさせていただいているブログ「 ポストスタンプブログ 」によりますと、

 ”斜線区切りは、平成2年10月1日から全国の1291普通局で配備されたと。丸型印と比較しますと非常に多いのですが配備本数が1本程度しかなく、しばらくは旧来の直線式も併用されたようです。従って平成5〜6年の直線式和文ローラー印は比較的多く見かけます。”とあり、

 今回の私の収集は、満月印でもなく、たぶんそれほど珍しくないと考えます。平成7年以降のものを見つけたら、そのうち紹介しましょう。

広島中央 h5.12.10 迦陵頻伽120円(茶) キロボックスより

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 11:50
http://stamp.happystudylife.com/?eid=10