21 初期使用

初期使用 ニホンジカ10円

 

ニホンジカ10円の発行は、昭和47年2月1日となります。この発行日から、あまり月日を経ないで使用されたものが初期使用と呼ばれます。私の感覚では、人為的に作られた初日印やその満月印も魅力的ではありますが、それ以後の実逓便の初期使用の方が数は少ないのではないかと考えるのです。初期使用の楽しみ方の一つです。

 今回のニホンジカ10円は、ハガキに使用されており発行目的どおりの使用だと考えます。発行1か月以内であれば十分初期使用とといえるのではないでしょうか。

 熱田 和文機械印 s47.2.21 18-24(キロボックスより) 

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 21:21
http://stamp.happystudylife.com/?eid=9
21 初期使用

初期使用 ソメイヨシノ10円

 

 ソメイヨシノ10円の発行は、昭和36年4月1日となります。この発行日から、あまり月日を経ないで使用されたものが初期使用と呼ばれます。私の感覚では、人為的に作られた初日印やその満月印も魅力的ではありますが、それ以後の実逓便の初期使用の方が数は少ないのではないかと考えるのです。初期使用の楽しみ方の一つです。

 今回の10円は、混貼なので、本来の目的の使われ方とは違うのでしょうが、発行2日後というのはかなり貴重といえるのではないでしょうか。

 小田原 櫛形印 s36.4.4 前8-12 

  • 2017.08.14 Monday
  • 22:34
http://stamp.happystudylife.com/?eid=8
17 インクジェット印

大阪北 インクジェット和欧文機械印

 

インクジェット和欧文機械印は、〜波の部分が多く、局名・年月日・ローマ字局名が読めるものが、少ないのでなかなか満月ドンピシャとはいきません。この切手は、普通切手ではありませんが実逓便とは思えないようないい位置に押印されています。

 ウィキペディアによると、大阪局は、平成28年3月ごろから使用されていると記載されています。

 銀座局、渋谷局、さいたま新都心局、日本橋局、晴海局、丸の内局、東京中央局、四日市西局、大阪北局、博多北局、新仙台局、山口局があるそうですが、丸の内局と東京中央局は収集の難易度は高いようです。

大阪北 h28.11.24 インクジェット和欧文機械印 82円グリーティング切手 ライフ・伝統色 浅葱色

 

 

  • 2017.08.13 Sunday
  • 08:22
http://stamp.happystudylife.com/?eid=7
18 消印漏れ消印

佐世保局 消印漏れ消印

 

消印漏れ消印は、郵便に用いられた切手に消印が押されていないと気づいた時点で、押されるものです。日付はなく、小さいサイズが用いられるのが多いです。

 ですから、同じ局の消印が押されていたり、配達先の曲のものが押されていたりとバリエーションがあると思います。ときに手書きの〒マークが切手に書かれるときもあります。

 満月印は、なかなか見つけにくいところがあります。今回の切手もオンピースですが、100円切手は3枚つながっているので、4枚の切手の中央に押されている消印も明瞭です。明るめの青色インクが使われています。

 

 佐世保局 消印漏れ消印 青系色(明るめの青)

JUGEMテーマ:切手

  • 2017.08.12 Saturday
  • 08:46
http://stamp.happystudylife.com/?eid=6
18 消印漏れ消印

神田 消印漏れ消印

 

 消印漏れ消印は、郵便に用いられた切手に消印が押されていないと気づいた時点で、押されるものです。日付はなく、小さいサイズが用いられるのが多いです。

 ですから、同じ局の消印が押されていたり、配達先の曲のものが押されていたりとバリエーションがあると思います。ときに手書きの〒マークが切手に書かれるときもあります。

 満月印は、なかなか見つけにくいので、今回はオンピースの消印ですが、局名が明瞭なところがよいですね。

 速達で一度機械印が押されたものの、消印漏れとならないように念のため消された82円切手と、明らかにもれた52円切手が消されたものと推測されます。神田局であって神田郵便局ではないのはなぜでしょうか。

 神田局 消印漏れ消印 青系色

  • 2017.08.11 Friday
  • 17:54
http://stamp.happystudylife.com/?eid=5